デジカメでの物撮り用に「レフ板」を自作

デジカメをお店で購入した時の話ですが、お店にキャノンのメーカーさんが居たのでいろいろ話を聞きかせていただきました。

ロッくん 「最近ってケータイのカメラ機能が性能良くなって、普通のカメラ買う人減ったんじゃないですか?」

メーカーさん 「動くものを撮る場合は一眼レフが良いですし、最近はインスタ映えの為、軽くて扱いやすいミラーレスカメラが女性によく売れてますよ~」

ロッくん 「インスタやってる人って写真撮るの上手だよねぇ~どうやったらあんなに綺麗に写真撮れるんですか?」

メーカーさん 「いろいろありますけど、例えばレフ板で光を当ててあげるだけでも変わりますからねぇ~」

って事で「レフ板」とやらを作ってみましょう! 😀

f:id:Lock-on:20190104005251j:plain

用意した物

・アルミ板(寸法300×400mm厚み0.5mm)

・三脚

・L型補助金具

・トラス小ネジ(4×10mm)ナット 3個

・ナット・1個(1/4インチ)

・アルミキッチンテープ(70mm×1.5m) 2個

f:id:Lock-on:20190104005719j:plain

使った道具

 ・ドリル

・ドリルの刃(4mm・6.5mm 使用)

・プラスドライバー

・ラジオペンチ

・ハサミ

・定規

・黒・赤マジック 

穴あけ

f:id:Lock-on:20190104030803j:plain

定規でセンターを決めL型金具で位置決めをします。

f:id:Lock-on:20190104031036j:plain

全て固定しなくても安定しそうだったので、 3か所だけ穴あけすることにしました。 

f:id:Lock-on:20190104031623j:plain

 アルミ板の穴あけはこれで終わりです。

f:id:Lock-on:20190104032606j:plain

 三脚側にL型補助金具を付けるのに穴を拡大してあげなくてはいけませんでした。

  6.5mmのドリルの刃で穴を拡大しました。 

f:id:Lock-on:20190120215849j:plain

ポッチ部分も穴を少し拡大してあげればきれいに入りました。

取り付け 

f:id:Lock-on:20190104035533j:plain

カメラ固定用ネジは一般的な1/4インチ(1/4-20UNC・国際規格)と大型の3/8インチ(3/8-16UNC・ドイツネジ)があるそうです。これは一般的な1/4インチが使われていたので1/4インチのナットで取り付けです。 

f:id:Lock-on:20190104040747j:plain

アルミ板とL型金具をトラス小ネジとナットで取り付け、後は光量UPのためにアルミテープを貼るだけです。

f:id:Lock-on:20190104041336j:plain

シワを付けたほうが良いそうです。

完成!

f:id:Lock-on:20190104005624j:plain

まとめ

三脚は中古で1000円で買い、その他の材料費が2000円 合計3000円使いました。

効果は・・・少し違うかな程度でした。😭

デスクライトを1個買ったほうが効果抜群だと思います。

f:id:Lock-on:20190104043515j:plain